APPLE

Dental Clinic

医療法人社団志健会
アップル歯科クリニック
045-410-8214
  • w-facebook
  • Google+ App Icon

△:往診、外来小手術等(急患応相談・電話受付可) 

Minimal Intervention (MI)について

 

MI(エムアイ)治療をご存知ですか?

 

 当院では、MIコンセプトに基づいた治療を行っています。MIというのはMinimalまたはMinimum Interventionすなわち最小の侵襲を意味します。侵襲とは 、歯を削ったり抜いたりといった歯へのダメージと考えて下さい。削る必要のない部分を削ったり、不要に神経を取ったり、抜く必要のない歯を抜いたりしない。今ある歯をなるべく保存するようにする。それがMIのコンセプトに基づいた治療です。

 歯医者で、削る必要のない歯を削ることなんてあるの?と思われるかもしれません。従来の治療では、できてしまった虫歯がごく小さくても、そこに銀歯を入れるために歯の虫歯になっていない部分、すなわち健全歯質を削っていました。そしてその部分がもしまた虫歯になってしまったら、更にもっと削って治す。そして次第に歯質が少なくなってしまい、いずれは神経を取らざるを得なくなり、最後には歯を抜くことになってしまう、そういった症例が多かったのです。しかし近年様々な歯科治療材料・技術の進歩により、なるべく健全歯質を削らない治療が可能になってきました。

 MI治療はFDI(国際歯科連盟)の提唱によって2000年頃から広まってきた比較的新しい概念ですが、これからの歯科治療の主軸となる方法だと思います。MI治療を代表する治療法のひとつに、接着性修復があります。接着性修復では、歯の切削は最小限(う蝕に罹患している歯質のみ)にし、歯質に強固に接着する材料を使って修復していきます。また、この治療法は虫歯の予防、進行の抑制、定期的な歯科検診と組み合わせるとより効果的です。なぜなら、ごく初期のう蝕は再石灰化することが明らかになっているからです。上手に進行を抑制すれば治療の必要がないかもしれません。また、検診により象牙質まで達してしまったう蝕では、なるべく早く発見することで、より削る量を少なくすることができるからです。

 接着性修復では、歯を切削する量を極力少なくするだけでなく、その他にもたくさんのメリットがあります。詰め物の色や硬さも本来の歯に近いものですし、型取りをして治すより、治療の回数も減らすことができます。

 アップル歯科クリニックではこの接着性修復を積極的に取り入れ、MIのコンセプトに基づいた治療法を極力選択するようにしています。いまあるご自分の歯をなるべく大切にし、5年後10年後も変わることなく美味しくお食事がとれること、楽しく会話ができることのお手伝いをさせていただきたいと思っています。また、当アップル歯科クリニックの院長は専門がこの接着性修復であり、接着性修復では特別メニューもご用意しています。歯のことで小さな悩みがおありの方は是非お気軽に院長にご相談下さい。

 

 

Since 2014 / apple dental clinic Yokohama.